免許の中でも少しマイナーなものに、特殊小型船舶免許があります。これは何の免許かというと、水上バイクです。水上バイクは沖縄などの観光スポットでも行われていることもありますし、マリーナで乗せてもらうことも出来たりしますが、後部座席であればだれでも乗ることが出来ます。しかし操縦するとなると免許が必要になりますので、操縦したい場合はまずは免許取得のための情報収集から始めていきましょう。

マリーナなどの教習所で受講可能ですが、2日間コースで設定されていることが多い特殊小型船舶免許は、意外と難易度は低いです。学科の問題も難しいということは無い基礎的なものばかりです。マリンルールも含まれていますし、一般常識のような程度の物も有ります。水上バイクの特殊小型船舶免許を取得すると、新たな趣味につながることもあります。

操縦自体は難しくありませんし、爽快感はかなり得られます。ストレス解消にもつながりますし、リフレッシュ効果も高いので休日を満喫したいということでマリーナや海や河川に集まる方もいます。何か新しいことに挑戦するのには、原動力というのが必要になりますし、やる気というのが無ければ始められません。しかし目標になることがあると違います。

ストレス解消を思いっきりしたいということでスタートするのもありですし、他人を楽しませたいということで後ろにのせるために免許を取る方も中にはいます。色々な目的があって良いでしょう。