ファクタリングbのメリット

ファクタリングのメリットとしては、まず売掛債権という、本来事業によって生じるものを担保にできるということが挙げられます。

ファクタリングの役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

事業性資金の融資を受けるには通常は何らかの担保が必要ですが、大企業などであればともかく、どんな会社でも土地や建物などの不動産、株式といった担保を十分に持っているとは限りません。また、仮にそういう担保が十分にあったとしても、本来事業の規模とはかけ離れた融資を受けると、今度は本当に無理なく返済できるのかという不安も生じます。

ファクタリングの場合、売掛債権は本来事業によって生じるものですから、販売が好調に推移していれば多くの融資を受けられるはずですし、そうでない場合はそもそも多くの融資を受ける必然性がありません。



別の意味でのファクタリングのメリットとしては、債権が回収不能に陥るリスクを回避できるということがあります。

これはファクタリングの種類にもよるのですが、融資元が債権の回収を代行してくれるような契約での融資の場合に当てはまることで、売掛債権の支払日までの間に相手側が倒産してしまうとか、倒産までいかなくても支払いが滞ってしまい回収に苦労するようなリスクを避けることができます。



もちろんこのようなことは融資元も織り込み済みであり、回収不能に陥るリスクが高いと思われるような売掛債権に対しては、融資できる金額の割合が少なくなったりすることはありますが、使い方によっては十分にメリットになるでしょう。