ファクタリングについて

ファクタリングとは、売掛債権を担保にして融資を受けることを指します。


商習慣上、特に企業に対して何かの商品を販売した際に、販売代金はその場では支払われないことが普通です。

ファクタリングについての知識を高めてもらうためのサイトです。

その代わりに納品書や請求書などが発行され、それに基づいて銀行の口座に振り込まれることで代金が支払われるのですが、それは実際に商品を引き渡した日から場合によっては数か月も後になることがあります。


後でお金が支払われることが約束されているわけですから一種の債権であり、これを売掛債権と呼んでいます。
企業に対して販売した際にはごく普通の習慣ですが、現金ではなく例えばクレジットカードによる支払いが行われたような場合には個人に対する販売であっても該当することがあります。


商品を販売した側からすれば、売れることは好ましいことなのですが、いかんせんその代金がすぐに手元に入ってこないのが悩みの種で、そのためにも資金繰りは非常に重要なポイントになるわけですが、これを解決する手段の一つがファクタリング、つまり売掛債権を担保にして融資を受けることです。



ファクタリングは、売掛債権という自社の本来業務によって発生するものを担保にするわけですから、例えば土地その他の担保のように、どんな企業でも持っているとは限らず、また必要なときに常にあるとは限らないものを担保に入れることがありません。



まさに自社の背丈に応じた適切な融資を受けることができるというメリットがあります。