海が好きな人は非常に多いです。海の潮騒を聞いているだけでも、心が癒されストレスフリーになることができるのです。浮き輪で浅瀬をぷかぷか浮いて、身をゆだねるだけでも楽しいものです。母なる胎盤に自分が浮いているような、どこか懐かしい不思議な感覚に誘われ、知らぬ間に眠ってしまうこともあるほどです。

しかし毎年夏のこのような遊び方をしていると、飽きてしまい、もっと他に海を満喫する方法はないものかと考えてしまうのです。そこでおすすめしたいのが、ジェットスキーや船の操縦をすることです。こうしたマリンスポーツを楽しむと違った角度で海を見ることができ、エキサイティングな体験ができます。しかし船を操縦するのもジェットスキーを操縦するにも、小型船舶免許が必要になってきます。

小型船舶免許を取得するには難易度が高く、難しい免許と思っている人も少なくありません。しかしこれは誤解であり、普通自動車免許を取得するよりも簡単イン交付を受けることができるんです。小型船舶免許を取得するには教習所のような学校に行き、所定の実技と講習を受講します。すると国家試験免除で免許を交付してくれるのです。

受講の日数は一日、長くても二日であり誰でも受講すれば交付してもらえます。この免許があれば、5海里もしくはそれ以上の海原に船を操縦していくことができ、シュノーケリングやスキューバーダイビングもより楽しめるようになります。海釣りも好きなスポットでできるようになり、大満喫できて人生も充実します。