勉強する場合には、しっかりとした計画立てて行うことになりますがそれだけではなくもっと十分なやり方をしなければ短時間で終えることができません。例えば船舶免許取得する場合、船舶免許の勉強方法はミニマム勉強法と呼ばれるものを採用すると良いかもしれません。これは船舶免許の取得以外でも実践することができますが、例えばなるべく時間を短縮して行う方法を考えてみるべきです。具体的には、問題を解く場合もいちど正解した問題は二度ととかないといったことが重要になります。

つまり、2回目に解くべき問題は間違えたところだけにすれば、かなり早く終えることができるかもしれません。さらに、この勉強法の場合には難しい問題まで排除してしまうと言う方法もあります。どのような意味かと言えば、問題を解くとき必ずどのような視点であっても少し時間がかかるような問題やなかなか解くことができないものまで様々です。何よりなかなか解くことができないものに関しては、点数の割には時間がかかってしまうわけです。

絶対に100点を取らなければ合格できないと言うならば別ですが、何とか落としても良いと言う試験がほとんどになりますので、このような時間のかかる問題は後回しにして良いです。これをするだけで、かなり無駄を減らすことができるでしょう。ただその前に、レベル分けなどをしておくことが必要になります。結構難しい問題であってもよく出るならば、勉強した方が良いですがそれでも1問あたり同じ点数ならば後回しにした方が良いといえます。