船舶免許の取得方法について説明します。普段の生活で馴染みがないので、多くの人は船を操縦する機会は殆どないので、免許を取得することに必要を感じない人が多いですが、近年では島に移住して生活する人口が以前より増えている事で、免許取得を目指す人が増えてるデーターがあります。自動車免許のように教習所で一定期間知識を学んで筆記試験と実技試験に合格すると思われがちですが、主に実技試験がメインになるので、筆記試験の難易度は高くないので比較的容易に受かるのは魅力があり、国家資格なので受かると嬉しい資格です。船舶取得ができる年齢は種類により年齢が分かれていて、水上バイクと2級船舶免許は16歳から可能で、1級船舶免許は18歳から受験できて自動車取得と同じ年齢に設定されているのは、仕事が漁業関係の仕事であると船舶免許が必要になる為学校を卒業してから即戦力で働けように設定されています。

水上バイクは例外で16歳から資格取得できますが、近年では水上バイクの事故やマナーが悪いことで、試験する為の法律改定が進められている為、事故が起きた場合状況によっては責任を取る必要があるので、モラルあるマナーで運転する必要があります。船舶免許を独学で取得する為にはリスクが高くなる為、試験を支援してくれるサービスを利用する事で確実に免許を得る事ができて、マリンライセンスロイヤルを利用する事で国家試験を免除する事が可能になり、学科教習終了後にすぐに審査を受ける事ができるメリットがあります。