小型船舶免許は、複数の種類があります。それぞれ操縦可能な酒類や条件が異なるので、乗りたい場面に合わせて小型船舶免許を選択する必要があります。2級は一番最初にとるのに適しているもので、海釣りなどでボートに乗りたい場合に最適です。レンタルボートを利用する場合でも、この種類を取得しておけば問題ないでしょう。

水上スキーの場合は専用の免許が必要となるので、それを取得しなければなりません。2級には河川限定の免許もありますが、これは膿で乗ることができないため、海で操縦したいなら普通の2級で良いです。このように対応する免許が必要となるため、目的にあった免許取得を目指しましょう。小型船舶免許は、国家試験を受けるルートと免除となるスクールを卒業する選択肢があります。

国家試験に何も準備せず合格するのは難しいので、国家試験ルートの場合もスクールを使う場合が多いです。この場合のスクールは、国家試験が免除にならないタイプのスクールで、国家試験の合格をサポートするようになっています。費用が抑えられたり、短期で学べたりといったメリットがありますが、免除校と異なり自力で国家試験に受からなければならないので、ハードルはそこそこ高いです。その分費用は抑えられるため、自分の適性や頑張りなどから取得が可能であるかどうかで選択すると良いです。

小型船舶免許取得後は合法的に条件にあった船舶の運行が可能となるため、趣味の幅を広げることができます。