ジェットスキーや水上バイク等を運転する前には、免許証が必要となります。その免許証は特殊小型船舶免許と呼ばれるものであり、大型船を運転できる免許を持っていたとしても、水上バイクを運転したいのであれば、この特殊小型船舶免許が必要です。特殊小型船舶免許を取得したいとなった場合には、その取得方法は大きく分けると3つに分かれます。その1つに挙げられるものが、ライセンススクールに通う方法です。

全国各地にはライセンススクールがあるため、そこに通って免許を取得します。国土交通省に登録されている小型船舶教習所の場合には、学会や実技の講習を受けた上で、試験もスクールで受けることが可能です。自宅の近く、また職場の近くなど、自分が通える範囲内にライセンススクールがあるかどうかを調べてみましょう。スクールにより講習の日数や受講料は大きく異なります。

自分に合うスクールを探すことが1番です。学科の内容は独学で学んだ上で、実技だけライセンススクールに通う方法も存在しています。出来る限り費用を節約したいと言う人には1番お勧めの方法と言えるでしょう。船舶免許について初めて学ぶのであれば、身に付くまで時間がかかる可能性も考えられるでしょう。

実技はどうしても独学で取得する事は難しいので、スクールに通い学ぶ必要があります。このような場合には実技と試験だけ受講することができるライセンススクールを探すことが1つです。日本で特殊小型船舶免許で操縦できる会場は決まっています。本州と北海道、四国や九州、それに付属する島の海岸から2海里以内です。

国内で取得した免許では海外では運転ができないので気をつけましょう。