大型船舶免許を取得するには、多くの人の命を預かりますので、慎重に取得への勉強をすることが必要です。大型の総トン数20トンを超える船舶を運行するには、海技士という資格が必要となります。大型船舶の船舶職員が所有しなければならない国家資格の総称となってます。毎年4月、7月、10月、2月に行われます。

試験方法としては筆記試験と口述試験がありますので、質問に対して的確に答えられるようにしておくことが大切です。乗船履歴は船舶会社によっては自社養成プログラムがありますので、そこでさまざまな訓練を受けることになります。実習の乗船がある船舶職員養成を行ってる教育機関で学ぶことが多くなってます。海技士の免許は航海、機関、通信、電子通信などに分かれてます。

大型船舶にはこの資格を持った方が一緒に乗船することになるので、一人で操縦を行うといったことはないです。海技試験は筆記試験、口述試験の他に身体検査があり、すべて合格しなければ次のステップに進めないので、満遍なく勉強や身体に対して健康状態を維持できるようにすることが大事です。大型船舶免許の試験の流れは筆記試験に合格したら身体検査に進みます。それに合格したら口述試験という流れになります。

船舶職員養成施設に入り訓練を受けて修了した場合には筆記試験が免除されるようになりますので、一般的な試験よりも楽に進めることができます。大型の船舶免許を取得するために海技士の試験を受けることになりますが、筆記試験と口述試験は高度で専門的な知識が問われます。筆記試験に合格するためには、専門学校で勉強しないと問題に回答できない可能性もあります。