船舶免許で運転することができるスポーツボートと呼ばれるものがありますが、これは快適な走りを楽しむことができる小型のクルーザーに当たります。場合によってはランナバウトと呼ばれることもあるでしょう。小型のクルーザーであることから、1級小型船舶免許はもちろんのこと、2級小型船舶免許取得でも十分に運転することが可能です。クルージングをゆっくりと楽しみたいと言う目的で利用することがほとんどなく、どちらかと言うと走りを楽しむことが目的に運転されているケースが多いです。

スポーツボートには様々な種類のものがあり、ジェットボート、バウライダー、トウボートなどがあり、それぞれに特徴が異なります。ジェットボートと呼ばれるものは、名前からもわかるように、特に高速性にこだわっています。浮遊感のある走りを味わうことができるでしょう。デザイン性にも優れていて、見た目にこだわりたいと言う人にも満足できます。

バウライダーはスポーツボートの原型であり、日本でも古くから知られ、現在の日本においても高い人気を誇っています。トウボートと呼ばれるものは、トーイングスポーツを楽しむものに当たります。トウという言葉には船をひいたりひかれるなどの意味を持ち合わせています。さらに複数の種類に分けられ、水上スキーを楽しむスキーボート、ボードラックが備わったウエイクボードなどが一般的なものといえるでしょう。

このようなスポーツボートは全体的に小型サイズのものであるため、価格帯は他のタイプと比べると比較的リーズナブルです。300から1000万円前後が相場です。