海が好きな人の中には、自分で船を運転して大海原へ出てみたいという人が少なくありません。ただ、そうするためには船舶免許が必要になるので、諦めてしまう人も多いです。船舶免許は自動車の運転免許と違い、比較的短期間で取得することができます。自動車の運転免許のように、数ヶ月かけて教習を受け、何度かの試験に挑戦しなければいけないと考えている人は意外と多いです。

しかし、そこまでの時間や手間はかかりません。最短二日間で、船舶免許を取得することができます。1日目に講習、2日目に試験という内容です。ただ、1日勉強をしただけで合格できると考えるのは少し安易です。

それまでに自分なりに予習をしておかなければ、合格は難しいと言えます。勉強しなければいけない内容はあらかじめわかっているので、参考書などを用意して勉強をしておくと良いです。当然ですが、かなり専門的な知識も必要となり、自分はもちろん一緒に船に乗る人の安全も担保しなければいけません。それなりの責任が発生するので、ただ試験に合格するためと言うよりもみんなを無事に陸まで送り届ける意識が必要です。

1日目に講義を受けて2日目に試験だと、リラックスして試験に臨めるというメリットがあります。いきなり試験会場に行くとなると緊張のあまり、実力を発揮できないという人は多いです。2日のカリキュラムならそのような心配もなく、安心して試験に臨めるので、合格への展望も開けます。